レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
G3オールレディース競走レディース笹川杯
1/22(水)~27(月)
マーゴの湯4周年記念競走
1/31(金)~2/3(月)
日刊スポーツ創刊70周年記念競走
2/8()~11()
第11回BOAT Boyカップ
2/15()~18(火)
スポーツニッポン杯争奪第36回英傑戦
2/22()~25(火)
レース展望
ボートピア川崎 開設記念競走
2/29()~3/3(火)
レース展望
出場予定選手
一般
マーゴの湯4周年記念競走
1/31 1 2 3
マスターズ世代の実力者に迫る松田!
 1月最終節は「マーゴの湯4周年記念競走」。約2カ月ぶりとなる4日間の短期シリーズ。そのメンバーだが、マスターズ世代にVの有力候補がずらりと並ぶ。まずは元地元の石川真二(福岡)。今年4月で50歳を迎えるが、17期連続でA1級をキープするなど、まったくの衰え知らず。今節も持ち味のスーパーピット離れで、コース取りからワクワクさせてくれる。そして狙うは当然、当地6度目のV。
 その石川に真っ向勝負を挑むのが地元の大将格である48歳の都築正治(愛知)。リズムを崩した時期もあったが、近況は4期連続でA1級を持続して完全復活。迫力ある攻めで区切りとなる当地10Vを目指す。G1戦4Vの実績を誇る46歳の鳥飼眞(福岡)も近況好調。2020年前期勝率は今節メンバーで唯一7点台をマークしているが、その内容も7優出2Vと充実している。
 そんな強力マスターズ世代にとって強敵となるのが2016年当地ヤングダービー覇者の松田大志郎(福岡)と2019年10月若松周年でG1初優出で2着と健闘した中村尊(埼玉)。ともに勢いに乗ればVまで突っ走る可能性も十分ある。
 他では折下寛法(東京)長岡茂一(東京)福田雅一(香川)杉山貴博(東京)葛原大陽(徳島)らも、モーター次第でV争いに参戦できる地力はある。
 都築以外の地元勢では宇佐見淳(愛知)河合三弘(愛知)久田武(愛知)鋤柄貴俊(愛知)らに注目が集まる。
  • 都築 正治
    3550 / 愛知 / A1
  • 石川 真二
    3473 / 福岡 / A1
  • 松田 大志郎
    4544 / 福岡 / A1
  • 鳥飼 眞
    3703 / 福岡 / A1
ピックアップレーサー
メモリアル水面で上昇気流に乗る!
 デビューして11年目を迎えている松田にとって当地は一生、忘れることができない水面と言ってもいいだろう。デビューして7年目の2016年、松田は一気にブレイク。その年の2月に大村での九州地区選でG1初優出を果たすと、3月芦屋周年、5月大村周年でたて続けにG1戦で優出、その実力は紛れもなく「本物」となる。そして9月当地で行われたG1ヤングダービーではオール3連対で優勝戦の1枠をゲットすると桐生順平や岡崎恭裕らを相手にインから押し切り優勝。その後、G1優出からは遠ざかっているが、2018年には8Vをマークし、2019年に3月戸田で2度目のSGクラシックに出場と確実にスターの階段を上っていた。
 ところがである。そのクラシックの最終日にフライングを切ってから、階段を踏み外したかのように成績が急下降。優勝は2019年1月の鳴門から見放され、今期適用勝率では何とかA1級はキープしたものの1点近く下げてしまった。
 ただ、これが松田の本来の姿ではない。再び上昇気流に乗るきっかけを掴むためには、このメモリアル水面は絶好の舞台。持ち味の猛烈なスピード戦で、マスターズ世代を一蹴する。
  • 松田 大志郎
    4544 / 福岡 / A1
2019/11/30~一般丸亀
35411233④16
2019/11/14~一般徳山
3212315225②➍
2019/10/6~一般江戸川
5311253③➍

※データは12/9現在のものです。

PAGE TOP