レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
ボートレースレディースvsルーキーズバトル
2/3(水)~8(月)
マクール杯~目指せ!初優勝~
2/13()~16(火)
スポーツニッポン杯争奪第37回英傑戦
2/20()~23()
タスクール9周年記念杯
2/26(金)~3/1(月)
ルーキーシリーズ第4戦スカパー!・第22回JLC杯
3/5(金)~10(水)
レース展望
出場予定選手
一般
ボートレースレディースvsルーキーズバトル
2/3 4 5 6 7 8
10:00
団体戦、個人戦とレースが2倍楽しめる!
 2018年12月三国で産声をあげた人気企画レースが「ボートレースレディースVSルーキーズバトル」。更なる若手の育成を目的に創設され、毎年度2戦ずつ行われている。ここまで5戦を消化し、対戦成績はルーキーズの3勝2敗となっている(なお個人戦はルーキーズ4人に対しレディースは1人)。その注目の6戦目が2月3日から6日間にわたり開催される。
 ここでレディース、ルーキーズそれぞれの戦力分析をしてみたい。まずはレディース。当初のあっせんではA1級は山川美由紀(香川)金田幸子(岡山)、櫻本あゆみ(東京)の3選手だったが、櫻本が家事都合のため急きょ欠場となり、追加参戦したのが超大物・寺田千恵(岡山)。実に頼りになる助っ人で、寺田、山川の実力コンビがレディースチームをけん引していくことになりそう。このA1級トリオ以外にも中村桃佳(香川)をはじめ、堀之内紀代子(岡山)宇野弥生(愛知)浜田亜理沙(埼玉)水野望美(愛知)と実力者が顔をそろえる。
 一方のルーキーズもA1級は栗城匠(東京)宮之原輝紀(東京)井上忠政(大阪)の3選手。特に宮之原はG1戦線でも優出2回と結果を残しており、期待度は高い。この3選手以外にも中村泰平(愛知)吉川貴仁(三重)中村魁生(大阪)前田滉(愛知)らも近況、急成長を見せており侮れない存在。
 レディースVSルーキーズの激闘は最終日まで目が離せない。
  • 寺田 千恵
    3435 / 岡山 / A1
  • 山川 美由紀
    3232 / 香川 / A1
  • 宮之原 輝紀
    4939 / 東京 / A1
  • 栗城 匠
    4928 / 東京 / A1
ピックアップレーサー
ママさんになり、さらなる飛躍を遂げる!
 今シリーズ、中村姓が3選手参戦している。ルーキーズが泰平と魁生、そしてレディースが桃佳。いずれも活躍が期待できる選手だ。その中で今節注目したいのが桃佳。中村桃佳は2014年5月丸亀でデビューし今年で7年目。
 中村桃佳の出世は早かった。デビューして1年9カ月目の2016年1月下関で、市川哲也や江口晃生らの実力者を相手に5コースからのまくり差しで鮮烈な初Vを飾ると、翌年には早くも5月の福岡オールスターでSG初出場。そして2018年びわこではG2レディースオールスターをインから圧勝し、年末のクイーンズクライマックスにも出場した。その間に結婚(夫は竹田和哉)し、クイーンズクライマックスが終わってから間もなく妊娠がわかり、そこから約1年4カ月間レースから離れた。
 復帰したのは昨年4月の住之江。そこから約4カ月後の8月宮島では6コースからのまくり差しで復帰後初Vを飾るのだから、ただ者ではない。
 実は中村桃佳の誕生日は2月3日。そう、このシリーズの開幕日。28歳になった桃佳ママが、さらなる飛躍を遂げる。
  • 中村 桃佳
    4823 / 香川 / A2
2021/1/3~G3徳山
62421321③41
2020/12/22~一般丸亀
2131321②➌
2020/11/27~一般多摩川
141231②①➋

※データは1/7現在のものです。

PAGE TOP