レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
4Kソリューションカップ争奪第26回若鯱大賞
11/17()~20(火)
スポーツ報知杯争奪第9回ビクトリーカップ
11/23()~26(月)
INAX杯争奪第30回とこなめ大賞
12/7(金)~11(火)
チケットショップ栄開設3周年記念競走
12/15()~18(火)
第12回日本モーターボート選手会会長賞争奪戦
12/21(金)~25(火)
レース展望
中日スポーツ金杯争奪2019新春特別競走
12/31(月)~1/6()
レース展望
出場予定選手
一般
4Kソリューションカップ争奪第26回若鯱大賞
11/17 18 19 20
中澤のスピード戦に期待するも
上位陣は紙一重で激戦のV争い
 11月の第3弾シリーズは「第26回若鯱大賞」。前節に続き4日間の短期決戦で、出場43選手のうち12選手が女子という混合戦。V争いは飛び抜けた選手が不在で激戦ムード。そんな中、主役に推したいのが、SGタイトルホルダーでもある中澤和志(埼玉)。今年は2月江戸川の関東地区選、9月児島周年と2度のG1優出実績がある。スタート力に加え、コーナースピードはトップクラス。持ち味の迫力ある攻めで当地初Vを狙う。
 その中澤に僅差で続くのが、マスターズ世代の面々。まずは野添貴裕(大阪)。2月びわこの近畿地区選で久しぶりのG1制覇を飾り、その後も好調をキープ。俊敏戦でV争いを演じる。SG7Vを誇る56歳の西島義則(広島)も元気いっぱい。さらに、レースの上手さに定評がある安田政彦(兵庫)も6月の当地出走でフライングと、前回のリベンジに燃えている。山室展弘(岡山)鈴木博(埼玉)も侮れない存在。
 中堅、若手勢の中にも実力者がそろっている。寺本重宣(東京)小野達哉(大阪)妹尾忠幸(岡山)関裕也(福岡)の面々だ。
 地元勢では伊藤誠二(愛知)をはじめ9月の当地戦で大活躍した鈴木幸夫(愛知)吉田裕平(愛知)らがスタンバイ。
 女子では五反田忍(大阪)関野文(大阪)の大阪支部コンビに注目したい。
  • 野添 貴裕
    3555 / 大阪 / A1
  • 中澤 和志
    3952 / 埼玉 / A1
  • 安田 政彦
    3572 / 兵庫 / A1
  • 西島 義則
    3024 / 広島 / A1
ピックアップレーサー
レースセンスは文句なし!
 小野といえば、同期同支部の木下翔太と共に、いずれ大阪支部を背負っていくと言われた逸材。デビュー当時は木下より小野を評価する関係者も多かったぐらいだ。
 ただ、デビューして8年目に突入した時点で、木下に大きく引き離されてしまった現実がある。木下はSG、G1戦線で伏兵以上の存在となりつつあり、確実にスターへの階段を上っている。一方の小野は4期前にA1級へ昇格したが、その後はA2級が3期続き。優勝も2016年7月大村ルーキーシリーズから遠ざかっており、伸び悩んでいる印象が強い。それでも2019年前期の勝率は現在6.25をマークし、光りが射してきているのは確かだ。
 もともとレースセンスは誰もが認めるハイレベルなもの。どの位置からでもレースができ、追い上げも利くコーナースピードも持っているし、ガッツもある。不安材料だった調整力も徐々に改善されている。ここらあたりでうろちょろしている選手ではない。もっともっと上を目指せる力を持っていることは多くのファンが知っている。これから小野の逆襲が始まる確率はかなり高く、近い将来、大きなステージで木下とV争いをしているかもしれない。
  • 小野 達哉
    4653 / 大阪 / A2
2018/10/4~一般唐津
544322622
2018/9/27~一般下関
3121③
2018/9/12~一般住之江
13254332③➏

※データは10/16現在のものです。

PAGE TOP