レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
夏のマーゴの湯競走
7/26(金)~29(月)
中日スポーツ杯争奪第23回ドラゴン大賞
8/2(金)~5(月)
名鉄杯争奪2019納涼お盆レース
8/10()~15(木)
ボートピア名古屋開設13周年記念競走
8/18()~21(水)
レース展望
やき産カップ
8/24()~27(火)
レース展望
笠松ライディングスクール杯
8/30(金)~9/2(月)
レース展望
出場予定選手
一般
中日スポーツ杯争奪第23回ドラゴン大賞
8/2 3 4 5
近況絶好調の深川が文句なしの主役!
 8月の第一弾も恒例の4日間短期決戦。メンバーは女子勢の参戦もあり、バラエティーにとんでいる。そんな中、主役は近況絶好調でSGタイトルホルダーでもある深川真二(佐賀)で決まり。その深川は今年に入り早くも5Vをマークしており、来年のSGクラシック出場も視野に入ってきている。今節も内寄りからの極上ハンドルで圧倒的な存在感を見せつける。
 服部幸男(静岡)は全盛期の勢いこそないが、SGで4V、G1で21Vは今節メンバーの中では断トツの実績で一般戦に入れば有力なV候補。迫力ある攻めが持ち味でG1タイトルホルダーの松村敏(福岡)もV圏内。さらに2006年4月当地周年でG1初Vを飾った山本隆幸(兵庫)も活躍は必至だろう。当地前回戦の今年6月に準Vの好成績を挙げた一瀬明(東京)も忘れてはならない存在。
 他にも藤岡俊介(兵庫)山一鉄也(福岡)永田秀二(東京)荒井翔伍(東京)らがVを狙える実力者。
 残念ながらA級は誰もいないが、今節は9選手の女子選手が参戦する。注目したいのはG1レディースチャンピオンで2優出の実績がある池田浩美(静岡)。当地前回戦の6月には3勝をマークしている。地元勢では宇佐見淳(愛知)黒柳浩孝(愛知)に期待したい。
  • 服部 幸男
    3422 / 静岡 / A1
  • 深川 真二
    3623 / 佐賀 / A1
  • 山本 隆幸
    4025 / 兵庫 / A1
  • 松村 敏
    4236 / 福岡 / A1
ピックアップレーサー
ナイスミドルが今節も気合の走りを披露!
 現在48歳の一瀬。まさにナイスミドルだ。一時期リズムを崩していたが、近況は3期連続でA1級をキープしており、かつての勢いが戻ってきている。
 その一瀬は当地との相性がかなりいい。優勝こそ2014年2月(3コースからインの平尾崇典に道中で競り勝つ)の1回きりだが、優出はなんと12回を数える。まだ記憶に新しいところでは、今年6月に当地で行われた「スポーツニッポンカップ」。準優では2コースからインの金子良昭を差し切り勝利。そして優勝戦でも2コースからインの石川真二を差し切ったが、2マークで差し返され悔しい2着。それでもしっかりと存在感をアピールした。
 若い頃の一瀬と言えば、豪快に握って回るレースが中心で魅力あふれる走りを披露していた。その反面もろさが同居していたのも事実。ただマスターズ世代になった一瀬は攻め一辺倒から、器用なレースもみせるようになり、安定感が出てきた。2015年から遠ざかっていたG1戦にも今年から復帰しており、まだまだ第一線で活躍できる力はある。今節はもちろんのことだが、これからも一瀬の走りから目が離せない。
  • 一瀬 明
    3641 / 東京 / A1
2019/6/7~一般
11521①➋
2018/6/8~一般
1445436
2017/6/23~G3
362534432⑥66

※数字は7/3現在のものです。

PAGE TOP