レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
チケットショップ栄開設4周年記念競走
12/13(金)~17(火)
ルーキーシリーズスカパー!・第21回JLC杯
12/20(金)~25(水)
中日スポーツ金杯争奪 2020新春特別競走
12/30(月)~1/5()
第33回半田大賞
1/10(金)~14(火)
レース展望
G3オールレディース競走レディース笹川杯
1/22(水)~27(月)
レース展望
出場予定選手
一般
中日スポーツ金杯争奪 2020新春特別競走
12/30 31 1 2 3 4 5
地元の大スター・池田浩に
平本、磯部が総力戦で挑む!
 新しい時代へと移り変わった今年も残りあとわずか。当地では恒例の「新春特別競走」がみそかの30日から1月5日まで7日間の超ロングランで開催される。今節は2013年以来、6年ぶりのオール愛知支部での争いとなる。
 主役はもちろん地元の大スター・池田浩二(愛知)。とにかく池田浩の当地での強さは神がかり。2016年2月から地元では17連続優出中でそのうち約半分の8Vを誇る。その中にはSG、G1も含まれているのだから、そのすごさが分かる。ただ今年後半の池田浩は膝の故障やレース中の負傷などでダービー、チャレンジカップのSG戦をはじめ、いくつかのレースを欠場。万全の態勢で臨めるのか不安な点もあり、いつもよりは他の選手のつけ入る隙がある。
 その1番手が平本真之(愛知)。11月桐生のSGチャレンジカップで優出し、2016年以来、3年ぶりとなるSGグランプリ出場を決めた。平本も池田浩ほどではないが、地元では圧倒的な強さを見せている。さらに昨年のチャンプでもあり、連覇を狙っての登場となる。
 このSGタイトルホルダーコンビに真っ向勝負を挑むのが磯部誠(愛知)。9月浜名湖で待望のG2MB大賞を制すなど、愛知支部では今一番勢いのある選手と言っても過言ではない。池田浩、平本を倒しての下剋上Vも十分期待できる。
 他にも永井源(愛知)西山昇一(愛知)坂元浩仁(愛知)北野輝季(愛知)中山雄太(愛知)吉田凌太朗(愛知)吉田裕平(愛知)らが新春シリーズを大いに盛り上げてくれそうだ。
  • 平本 真之
    4337 / 愛知 / A1
  • 池田 浩二
    3941 / 愛知 / A1
  • 永井 源
    4067 / 愛知 / A1
  • 磯部 誠
    4586 / 愛知 / A1
ピックアップレーサー
大仕事も期待できる逸材!
 今年の「新春特別競走」の話題の一つは吉田兄弟に加え、篤哉、滉、翔の前田3兄弟もそろい踏みすることだろう。今年5月に翔がデビューし、初めて3兄弟が一緒のあっせんとなったのが今節。3兄弟共に間違いなく好センスの持ち主で、長兄の篤哉もうかうかしていられない状況となっている。
 ただ篤哉の出世スピードはかなり早い。2017年5月に当地でデビュー、3期目には早くもA2級に昇格し、現在で3期連続A2級をキープする安定感。さらに今年9月にはG1三国ヤングダービーに初出場し、5日目にはインから勝利も挙げている。
 スピードも非凡だが、当地で走る限りは調整力もルーキーとは思えない確かさ。その証が当地前走のレース。引き当てた9号機は2連率36%の中堅クラスだったが、前検タイムからぶっちぎりで、本番になっても他の選手とはケタ違いの時計をマーク、見事な足を見せた。しかし、近況の当地戦は準優敗退が多く、そのシリーズでも同じ結果に終わってしまった。
 やや勝負弱い面があるのは気になるが、そこさえ克服できれば悲願の初Vもグッと近づく地力は備わってきている。今節の穴党は前田篤哉を中心に、前田3兄弟を追いかけてほしい。
  • 前田 篤哉
    4983 / 愛知 / A2
2019/11/16~一般常滑
11433⑥55
2019/11/2~一般常滑
16211③26
2019/10/18~一般住之江
3631154616

※データは11/28現在のものです。

PAGE TOP