レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
ボートピア名古屋開設16周年記念競走
8/19(金)~23(火)
中日スポーツ杯争奪 第26回ドラゴン大賞
8/27()~30(火)
日刊スポーツ杯争奪 第32回マリンキング決定戦
9/3()~6(火)
ヴィーナスシリーズ第11戦常滑シンデレラカップ
9/12(月)~17()
チケットショップ高浜開設4周年記念競走
9/23()~26(月)
レース展望
出場予定選手
一般
日刊スポーツ杯争奪 第32回マリンキング決定戦
9/3 4 5 6
10:20
関、山崎のダービー出場コンビが
シリーズをけん引!
 9月の第1弾は3日から6日まで開催される「第32回マリンキング決定戦」。10月に当地で行われるSGボートレースダービーの出場選手が8月1日に発表されたが、その中に今節登場する2選手が含まれている。関浩哉(群馬)山崎郡(大阪)の両名だ。この2選手が今節のV戦線をリードするのはほぼ間違いなし。中でも近況の勢いなら関。今期勝率は8点に迫り、その内容も5月のG1津周年を含め3V。さらに7月にはオール3連対で当地初Vをマークしたのも記憶に新しいところ。
 一方の山崎も当地はドル箱水面(6優出3V)。ビッグタイトルこそないが、近況は3期連続で7点台の勝率をマークし高値での安定した航跡。関とも遜色ない猛烈スピードでVを狙う。
 ただ他の選手も黙ってはいない。その1番手が2期ぶりにA1級復帰を果たした服部幸男(静岡)。全盛期の勢いはないが、SGで4Vの金看板があり、さばきは一級品。経験値の高さを武器にV争いに参戦する。長岡良也(兵庫)永田秀二(東京)梶野学志(東京)江本真治(山口)是澤孝宏(滋賀)のA1級に加え、福島勇樹(東京)芝田浩治(兵庫)金子賢志(群馬)らも侮れない存在。
 やや手薄な地元勢だが、1番の期待はデビュー11年目で初のA1級に昇格した三浦洋次朗(愛知)。この勢いで悲願の初Vを目指す。
  • 山崎 郡
    4760 / 大阪 / A1
  • 関 浩哉
    4851 / 群馬 / A1
  • 長岡 良也
    4356 / 兵庫 / A1
  • 服部 幸男
    3422 / 静岡 / A1
ピックアップレーサー
悲願のデビュー初Vへ、全力でアタック!
 デビュー11年目にして三浦は初めてA1級昇格を果たした。今までA2級は3期経験していたが、最高勝率は2018年後期にマークした5.84。それが前期のB1級から今期は2ランクアップのA1級へ。そして勝率は6.25と大きく成長した。
 そんな三浦が6月のG1トコタンキング決定戦で衝撃的なレースを見せた。6月の時点ではまだB1の身だった三浦は4日目からの追加参戦で初めてのG1レース。6レース3枠で登場したが、当然人気薄。ところが、3コースから鮮やかなまくり差しを決め、いきなり勝利を飾り、全国のファンの度肝を抜いた。これを見てもレースセンスの非凡さがわかる。
 そんな三浦の次の目標はデビュー初V。ここまで16優出の実績はあるが、2着が最高の成績であと一歩のところで優勝を逃している。ただ、6月のG1での勝利はかなり自信になったはず。当地は優出もないが、A1級レーサーとして登場するプライドもあり、今までの三浦とは全く違う。今度は強敵相手にデビュー初Vを飾り、再びファンに衝撃を与える!
  • 三浦 洋次朗
    4706 / 愛知 / A1
2022/6/5~ G1
1653
2022/5/19~ 一般
2554312
2022/4/15~ 一般
132334③15

※データは8/3現在のものです。

PAGE TOP