レース展望&出場予定選手

INDEX
レース名を選んでください

レース展望

出場予定選手
強者が集結し、猛烈なV争いを繰り広げる!
 春から夏に季節が移り変わろうとするそんな時季に行われるのが「G3INAX杯争奪第32回とこなめ大賞」。住之江で行われるSGオールスターと日程が重なるため、超大物の名前はないが、なかなかの好メンバーが集結しており、中身の濃いシリーズになりそうだ。そんな中、主役に指名したいのがSG2Vの実績を誇る笠原亮(静岡)。今年に入り、まだVはないが、2月G1多摩川周年で優出するなどリズムは悪くない。持ち味の攻撃レースで当地3度目のVを目指す。
 攻撃レースならG13Vの石渡鉄兵(東京)も負けていない。今年初参戦した4月津のG1マスターズチャンピオンでは惜しくも準優で敗退したが、存在感を示したのは確か。今節も豪快ハンドルでファンの視線を釘付けにする。出走回数不足で現在A2級となっている中島孝平(福井)だが、7月からのA1級復帰は確実。グランプリを含めSG2Vの実力はダテではない。絶妙さばきを随所で見せつける。
 他にも齊藤仁(東京)高橋勲(東京)前沢丈史(東京)山田雄太(静岡)ら実力者が多数参戦している。
 若手では昨年12月の当地ルーキーシリーズでVを飾った山崎郡(大阪)に注目したい。
 この強力遠征陣を迎え撃つ地元軍団は都築正治(愛知)を大将格に宇佐見淳(愛知)佐藤博亮(愛知)野中一平(愛知)吉田凌太朗(愛知)前田篤哉(愛知)らがシリーズを盛り上げる。
  • 笠原 亮
    4019 / 静岡 / A1
  • 石渡 鉄兵
    3716 / 東京 / A1
  • 中島 孝平
    4013 / 福井 / A2
  • 山崎 郡
    4760 / 大阪 / A1
ピックアップレーサー

豪快ハンドルでファンを魅了!

 4月津で行われた「G1第21回マスターズチャンピオン」は村田修次(46歳)の最年少Vで幕を閉じたが、その村田より1つ若い45歳で初参戦していたのが石渡鉄兵だ。その石渡は準優で3着に敗れ、惜しくもファイナル進出を逃したが、存在感を見せつけたのは確か。
 石渡と言えば「江戸川鉄兵」と言われるほど、江戸川での人気は絶大。その江戸川は全国一の難水面で知られている。「風が出るとうれしいです」と豪語する石渡。どれほどの荒れ水面でもひるむことなく、攻めるレースにファンの胸を熱くする。まさにボートレースの新CMシリーズの第4話「ホットなハート」がピッタリとくる選手といってもいい。
 ここで余談になるが、石渡の名前である「鉄兵」は父親が好きだったちばてつやの漫画「おれは鉄兵」から授けたという。その漫画は主人公の野生児・上杉鉄兵が繰り広げる学園ものだが、何か石渡とリンクする部分もある。今節はG3ということもあり好メンバーが集結しているが、石渡も有力なV候補の一人であることは間違いない。静水面でももちろん買いだが、とくに荒れ水面になっていれば、どの位置からでも狙ってみたい。
  • 石渡 鉄兵
    3716 / 東京 / A1
2020/4/21~G1
122345③13
2020/4/11~G1多摩川
6622353315
2020/4/1~一般平和島
262131⑥21

※データは4/28現在のものです。