レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
第28回4Kソリューションカップ
12/5()~8(火)
マンスリーBOATRACE杯
12/12()~15(火)
デイリースポーツ杯
12/18(金)~21(月)
チケットショップ栄開設5周年記念競走
12/24(木)~27()
出場予定選手
一般
第28回4Kソリューションカップ
12/5 6 7 8
新モーター開幕戦は主役不在の激戦シリーズ!
 新型コロナウイルス感染症に振り回されたこの1年もあと少し。師走シリーズの第1弾は5日から開催される「第28回4Kソリューションカップ」。恒例の4日間シリーズで、今節から新モーターに切り替わる。そのメンバー構成だが、抜けた存在が不在で激戦ムード。そんな中、V候補筆頭に指名したいのが田中和也(大阪)。近況の田中は絶好調。来年1月から適用される新勝率では自己ベストの7.43をマークし、今節メンバーでは断トツ。その内容も4Vと実に濃いもの。当地との相性もV実績こそないが、3連続優出中で問題はなさそう。勢いの違いを見せつけるか。
 G1タイトルホルダーの土屋智則(群馬)はリベンジに燃えての登場だ。というのは、10月の当地戦でワースト級モーターを引いてしまい、挙句の果てに2日目に転覆して負傷のため途中帰郷するという最悪の結果。今節はその借りをきっちり返す。
 実績では群を抜く服部幸男(静岡)倉谷和信(大阪)のベテランコンビも有力なV候補。特に服部は新勝率で出走回数不足のため、2005年後期から死守してきたA1級から陥落し、屈辱のB1級降格。このシリーズは巻き返しへの出発点となる。
 7月の当地前回戦でVの秋元哲(埼玉)小野達哉(大阪)内堀学(東京)、そして新勝率でA1級に復帰する後藤翔之(東京)谷川祐一(滋賀)らもV圏内。
 地元では渡辺真至(愛知)に大きな期待がかかる。
  • 土屋 智則
    4362 / 群馬 / A1
  • 田中 和也
    4357 / 大阪 / A1
  • 渡辺 真至
    3939 / 愛知 / A1
  • 服部 幸男
    3422 / 静岡 / A1
ピックアップレーサー
自己最高勝率をマークし、近況絶好調!
 最近の田中は勢いがすごく、各地で優出ラッシュ。2021年前期審査期間だけで10優出4Vと大活躍し、来年1月からの新勝率では、今まで最高だった2017年後期の勝率6.98を大きく上回る7.43の自己ベストをマーク。さらに、1期間での勝利数も68勝とこれまた自己ベスト。田中自身も「最近は調子良いですね」と満面の笑みを見せる。
 元々、デビュー当時からセンスの良さが光り、いずれ大阪支部を背負っていく選手として期待されていたが伸び悩み、A2級に昇格したのはデビューして9期目。そして初V(2010年7月住之江)まで5年近くを要した。ただ、その後も順風満帆とはいかず、A1級に定着するまでかなりの時間がかかった。
 だが、今年に入り各地でトップ級のパワーに仕上げ、一般戦で勝ちまくっている。課題は来年から配分が増えると予想される特別戦線だが、ここで結果を出せる地力も今の田中には備わってきている。そして、現在4Vであと2つ優勝できればSG初出場となる来年3月の福岡SGクラシック出場も視野に入ってきており、今節の田中の走りには大注目だ。
  • 田中 和也
    4357 / 大阪 / A1
2020/10/29~G1桐生
235451255
2020/10/17~一般蒲郡
1421111114①➊
2020/10/3~一般江戸川
2211334①➏

※データは11/4現在のものです。

PAGE TOP