レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
常滑市長杯
4/4()~8(水)
第23回日本財団会長杯争奪戦競走
4/16(木)~20(月)
春のマーゴの湯競走
4/24(金)~27(月)
中日スポーツ杯争奪第40回チャンピオン大会
5/1(金)~6()
レース展望
オラレセントレア開設8周年記念競走
5/15(金)~18(月)
レース展望
出場予定選手
一般
常滑市長杯
4/4 5 6 7 8
G1で2Vの興津中心も
実力伯仲で激戦必至!
 新年度に切り替わって第一弾は4日から開幕する「常滑市長杯」。今節は久しぶりの5日間開催でスター級の顔は見えないが、女子8選手が参戦するなど、バラエティーにとんだメンバー構成となっている。そのシリーズのV候補筆頭に挙げたいのがG1で2Vの実績を誇る興津藍(徳島)。興津は昨年5Vをマークし、3月平和島のSGクラシック出場を経ての参戦となる。とにかく調整力に定評があり、よほどのワースト機を引かない限り、水準以上の足に仕上げ、それを武器に縦横無尽の走りをみせる。その興津は昨年7月当地で行われたオーシャンカップでSG初優出を果たしており、メモリアル水面で再び躍動する。
 元地元の名うてのイン巧者・石川真二(福岡)も有力なV候補。今年1月の当地前走では準優勝戦で敗退となったが、当地5Vの実績を誇り、今節はリベンジに燃えての参戦となる。下條雄太郎(長崎)塩田北斗(福岡)のスピード戦も楽しみ。他にも熊谷直樹(東京)作間章(東京)の実力者に加え、近況勢いがある内堀学(東京)廣瀬将亨(兵庫)らも侮れない存在。
 迎え撃つ地元勢だが2月蒲郡の東海地区選でG1初出場ながら3勝をマークした松竹大輔(愛知)をはじめ吉田裕平(愛知)、女子の大瀧明日香(愛知)らに熱視線を注ぎたい。
  • 石川 真二
    3473 / 福岡 / A1
  • 興津 藍
    4052 / 徳島 / A1
  • 塩田 北斗
    4566 / 福岡 / A1
  • 下條 雄太郎
    4352 / 長崎 / A1
ピックアップレーサー
G1初陣となった東海地区選で大活躍!
 近況メキメキと実力をアップさせているのが地元の松竹大輔だ。松竹は2007年5月当地でデビュー、選手生活は13年目を迎えている。その松竹は今年1月から初めてA1級に昇格し、2月蒲郡の東海地区選でG1デビューを果たした。
 その初陣では3日目前半で4カドから差し切りG1初勝利を飾ると、後半はイン速攻で連勝の大活躍。その貯金が効いて準優進出。ただ準優では道中に他艇と接触するというアクシデントに見舞われエンスト失格に泣いた。それでも、ここでの走りは今後、松竹が成長していく過程でいい肥やしになったはず。トップ級相手でも十分にやっていけるという自信にもつながったと言える。
 松竹の今期勝率は6.79と自己最高ペースで勢いが加速している。インでの強さは特筆級だが、センターまでなら守備範囲。調整力のレベルも上がっており、これから注目したい選手の一人。やや遅咲きの印象もあるが、大きく花開く可能性を秘めた選手であることは間違いない。
  • 松竹 大輔
    4442 / 愛知 / A1
2020/2/27~一般三国
462145421
2020/2/14~G1蒲郡
34116エ13
2020/2/3~一般宮島
553313132

※データは3/3現在のものです。

PAGE TOP