レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
第10回BOATBoyカップ
7/27(金)~30(月)
愛知バスABCツアーカップ
8/3(金)~6(月)
名鉄杯争奪2018納涼お盆レース
8/10(金)~15(水)
ボートピア名古屋開設12周年記念競走
8/18()~21(火)
第21回日本財団会長杯争奪戦競走
8/25()~29(水)
レース展望
日刊スポーツ杯争奪第28回マリンキング決定戦
9/1()~4(火)
レース展望
出場予定選手
一般
名鉄杯争奪2018納涼お盆レース
8/10 11 12 13 14 15
池田をはじめ地元のスターが勢ぞろい!
 今年もお盆のシーズンが近づいてきた。今年は例年にも増して当地水面に地元のスターが大集結し、シリーズが大いに盛り上がることは間違いなし。そんな豪華メンバーの中でもシリーズを引っ張るのは地元の大スター・池田浩二(愛知)。近況はやや不満の残る戦績だったが、6月下関G1周年で優出、さらに6月徳山SGグランドチャンピオンでは準優3着と優出は逃したが4勝マークと、ここにきてやっと反撃に転じている。この次に控える丸亀のSGメモリアルへ弾みをつける意味でも、ここはきっちりと結果を出したい。
 その池田に迫るのが赤岩善生(愛知)平本真之(愛知)のSGタイトルホルダーコンビと、G1で4Vの通算実績を誇る柳沢一(愛知)。まず赤岩は、池田と同じくSGメモリアル出場が控えている立場。今年の勢いなら池田以上、確かな調整力を活かし持ち味の豪快ハンドルでV奪取を目論む。現在ペナルティーでG1、G2を走れない平本だが、5月尼崎SGオールスターで優出するなどリズムは悪くない。自慢のスピード戦で昨年に続いてのお盆戦連覇を狙う。柳沢は昨年の当地お盆戦でフライングという苦い思い出があり、今節はリベンジに燃える。
 他にも杉山正樹(愛知)磯部誠(愛知)西山昇一(愛知)天野晶夫(愛知)と地元勢は完璧な布陣を敷く。
 圧倒的優位の地元軍団に対し、肩身の狭い遠征陣だが、秦英悟(大阪)今井美亜(福井)の2人が大番狂わせを狙う。
  • 赤岩 善生
    3946 / 愛知 / A1
  • 池田 浩二
    3941 / 愛知 / A1
  • 柳沢 一
    4074 / 愛知 / A1
  • 平本 真之
    4337 / 愛知 / A1
ピックアップレーサー
24場制覇で勢いが加速!
 今年のサッカーワールドカップでは「赤い悪魔」の異名で知られるベルギーが日本戦では大逆転勝利、さらにV候補最有力と見られていたブラジルも撃破し大旋風を巻き起こしている。
 こちらボートレース界で「赤」といえば、真っ先に名前が挙がるのは赤岩善生だ。こちらもかなりの勢いがある。今年4月の江戸川でVを飾り、史上21人目となる24場制覇を達成。そして5月には宮島で通算6度目のG1を制覇し、現在の賞金ランキングは第10位と、2009年以来のSGグランプリ出場も視野に入ってきている。4月末に当地で行われた24場制覇報告会ではファンの前で「通算100Vを目指します」と力強く宣言。現在赤岩の通算Vは90で、来年にもその公約が実現しそうなムード。その4月末の当地では平凡機を引き、序盤は苦戦を強いられたが、連日整備と調整に汗を流し、最後には優出3着と上位近くまで仕上げていた。
 武士道を重んじる赤岩は常に真っ向勝負のスタイルを貫く。時にはそれが裏目に出ることもあるが、その信念を決して曲げることはない。これまで通り、度胸満点のスタート力と恐れを知らない豪快ターンで、男・赤岩が悲願の天下取りへ突き進む!
  • 赤岩 善生
    3946 / 愛知 / A1
2018/7/5~G2三国
332212①➊
2018/6/19~SG徳山
244224136
2018/6/9~G1下関
463446625

※データは7/8現在のものです。

PAGE TOP