レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
創業97年誠進社杯
10/20()~23(火)
秋のマーゴの湯競走
10/26(金)~29(月)
常滑市長杯~男女W優勝シリーズ~
11/2(金)~7(水)
第29回中日スポーツ銀杯争奪戦
11/10()~13(火)
4Kソリューションカップ争奪第26回若鯱大賞
11/17()~20(火)
スポーツ報知杯争奪第9回ビクトリーカップ
11/23()~26(月)
レース展望
出場予定選手
一般
秋のマーゴの湯競走
10/26 27 28 29
地元・柳沢中心も実力者ぞろいで激戦!
 期末の4日間短期決戦は実力者がそろい激戦ムード。そんな中、主役に指名するのは地元・柳沢一(愛知)。今年8月の丸亀SGメモリアルで優出するなど好リズムをキープ。そして地元での強さは今更、言うまでもなく誰もが知っている。地元通算11度目のVへ、今節も全力投球する。
 その柳沢にとって強敵となるのが平尾崇典(岡山)江口晃生(群馬)のSGタイトルホルダーコンビ。まずは平尾。今年4月の住之江G1周年では大外からコンマ04のスタートで一気にまくり、通算5度目のG1Vを飾っている。今節も自慢の強ハンドルで柳沢に襲いかかる。53歳のベテラン・江口もまだまだ輝きを失っていない。その証が今年1月平和島G1周年での準V。コース取りからワクワクさせてくれ、さばきも超極上でもちろんVの有力候補となる。
 他にも中辻崇人(福岡)下條雄太郎(長崎)鶴本崇文(大阪)森野正弘(山口)濱村芳宏(徳島)らがV圏内。
 柳沢以外の地元勢では渡辺真至(愛知)吉島祥之(愛知)川上聡介(愛知)に期待がかかる。
 なお、10月末は期末ということでA1級、A2級の勝負が懸かる選手には注意が必要だろう。
  • 平尾 崇典
    3822 / 岡山 / A1
  • 柳沢 一
    4074 / 愛知 / A1
  • 中辻 崇人
    3876 / 福岡 / A1
  • 江口 晃生
    3159 / 群馬 / A1
ピックアップレーサー
今も輝き続ける53歳!
 今から約1年前の2017年9月。住之江のG1高松宮記念で、約1カ月後に開催される平和島SGダービーのドリーム戦に選ばれたことについて、江口に取材をした時の話。「ドリーム戦に選ばれることは光栄だけど、なぜ私がというのが率直な今の気持ちですね」と最初はやや戸惑っている江口だったが、最後には「選ばれたからには自分の持てる力を全て出し切って精一杯、頑張りますよ」と力強い言葉で締めくくってくれた。その言葉通り、ダービー初日のドリーム戦では、3枠から2コースを奪取し2着に入り、全国のファンに存在感を見せつけた。その時の江口の2017年後期適用勝率は何と8.16。52歳でこの勝率を叩き出したのだから、驚きを超えて言葉が出ない。
 今期適用勝率でも7.25をマークし、その内容も6優出1V。今年1月の平和島G1周年での準Vも含まれるなど充実している。当地でも6Vの実績を誇り、水面相性はいい。どの枠からでも内コースにこだわり、どれだけ深い位置からの起こしになろうともスタートをピタリと合わせ、1マークでは究極のターンを魅せてきっちりと結果を出す。江口という選手がいるだけで、ピット離れからハラハラドキドキ。ゴールするまで一瞬たりとも目が離せない。53歳になった今でも第一線で活躍し続ける江口の走りに大注目だ。
  • 江口 晃生
    3159 / 群馬 / A1
2018/9/6~G1桐生
251431⑥13
2018/8/30~一般戸田
46
2018/8/9~一般桐生
5111211②➌

※データは9/24現在のものです。

PAGE TOP