レース&予想データ集

--:--

天候------------

波高-----

-----------

---
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
:V-POWER予想:直前記者予想
更新日
2020/3/24
前検はBS強い追い風コンディションだったこともあり、好タイムが連発した。中でも破格の6秒50で一番時計を叩き出したのが倉持莉々。「一番時計と聞いてビックリです。体感は進んでないし、Sも届いてなかった」とこの状況に驚きを隠せなかったが、手にした58号機は近況動き◎ならレースでも威力発揮十分か。ドリーム組は樋口由加里こそ35%のモーターだが、残りの5人は20%台と低調機を引き、少し心配される状況。
17
勝率
2連率
優出
優勝
6.84
50.0%
3
1
破格の伸びを誇るエース機格
エース機候補と目される17号機を引いたのは木村紗友紀。何と前回に続いて木村は17号機を引いたこととなる。初おろしの下出秀明からモーターは出ていたが、それを地元の快速男・前田篤哉がキッチリと仕上げて見せた。このルーキー戦では惜しくも優出ならずだったが、出足も伸びもトップ級。続く西川新太郎が地元の主力が集まる正月戦で優出。さらには渡辺真至も強力な行き足を武器にベスト6入り。オールレディースでは大山千広が乗って当然のように優勝をかっさらっていった。前回の竹村祥司も伸びは節イチ。「S放っても出ていくけど、ターン技術は直らないね」と準優はインで流れ敗退に苦笑いも、機力は選手間でも断トツの評価だった。
10
勝率
2連率
優出
優勝
6.01
42.3%
3
0
乗り手を問わず快速のモーター
今回、10号機を引き当てたのは加藤奈月。元々伸びに定評があった10号機だが、川合理司や笠雅雄といった重量級が乗っても伸びで下がることはなく、逆に出足の良さが伺えたモーターだ。平均体重の選手が乗れば破壊力が出るのは当然のことで、3節前は地元の河合三弘が準優勝、前回の山本英志(優勝戦1枠を勝ち取った)は優勝戦3着ながら、機力的にはトップクラスの気配を見せていた。素性的には申し分ないモーターだし、基本的には伸びに威力があるモーターだろう。加藤は女子選手としては体重がある方だが、このモーターだったらそこまで足負けもないはず。豪快な攻めが見られそうだ。
58
勝率
2連率
優出
優勝
6.06
46.2%
4
1
近況は常に上位級の動きだ
近況気配強力の58号機を手にしたのは倉持莉々。このモーターは出足を中心に上位クラスという評価ができる。3節前の栢場優子の動きは特に秀逸で、この時はトップレベルの動きで見事優勝戦へと駒を進めてきた。前回はペラ巧者で有名な地元の大須賀友が乗った。序盤こそ調整を合わせ切れてない様子だったが、連日の熱心な調整により徐々に正解へと近づいていく。3日目には破格の展示タイムもマークしたが、「仕上がったのでゆっくりしてます」と臨んだ準優はジワっとのぞいてブイ差しで2着。やはり大須賀が触れば行き足・伸び型に仕上がるが、前回も相当な足色だったのは間違いない。
12
勝率
2連率
優出
優勝
6.18
44.7%
4
2
レース足に力強さを感じる機
伏兵・千葉真弥が引いた12号機は、元々レース足中心に好気配を見せていた。8節前に山崎郡が優勝し、この時は行き足・回り足がとにかくパワフル。それ以降も出足系は上位ランクに位置していたが、どうにも乗り手に恵まれずに結果は伴わなかった。しかし、前々回が地元のエース格・岩瀬裕亮がパートナー。「いいモーターを引いたし、こういう時に結果を出さないと地元の関係者に申し訳がない」との言葉通り、予選トップ通過からの最後も逃げる王道のV。前回の有賀達也は準優6コースから突き抜け9万舟を提供し、レース足の良さを見せたが、優勝戦は3コースからまくるもコンマ01の勇み足に泣いた。
40
勝率
2連率
優出
優勝
5.32
33.3%
1
0
数字以上のパワフルな動きだ
40号機を引いたのは高石梨菜。勝率はそこまでないが、ここ数節はかなりの動きを見せているのがこの40号機。兆しは6節前の森下愛梨だった。この時はSいって攻めるレースが光ったが、次の齋藤勇が抜群の足を見せたとなると、すでに機力も仕上がっていたのかもしれない。続く富永大一はシリーズ3勝の大活躍。前回は記念レベルの前田将太が乗ると当然のように強力足を見せた。前検からすでに評判の足だったが、初日は結果を出せずペラに手を加える。するとトップ級の動きが戻り、2日目から4連勝で優勝戦へと駒を進めた。優勝戦でも前を走る山本英志を抜き上げ2着と好走。
前節優出モーター
ヴィーナスシリーズ第12戦常滑シンデレラカップ 3/25()~30()
モーター 2連率 優出 優勝 前節成績(選手名・級別・成績) 備考
7
34.921平山 智加♥A1211122111①➊
55
31.720平高 奈菜♥A1331121121①➋
57
34.820小野 生奈♥A1222221511②➌
42
32.121喜多須 杏奈♥B152123162②➍
13
32.920松本 晶恵♥A1151112521①➎
6
38.120樋口 由加里♥A1163232622②➏
優勝回数ランキング
順位 優勝 モーター 出走 優出 成績(グレード・期間・選手名・級別)
1 2
12
95 4   2020年3月7日~3月10日 岩瀬 裕亮 A1
  2019年12月20日~12月25日 山崎 郡 A1
2 1
7
83 2   2020年3月25日~3月30日 平山 智加♥ A1
2 1
8
82 2   2019年12月5日~12月9日 辻 栄蔵 A1
2 1
11
87 4   2020年2月8日~2月11日 藤山 翔大 A2
2 1
17
91 3   2020年1月22日~1月27日 大山 千広♥ A1
2 1
26
81 2   2020年2月29日~3月3日 渡辺 真至 A1
2 1
29
84 2   2019年12月13日~12月17日 河村 了 A1
2 1
30
85 1   2020年1月10日~1月14日 倉谷 和信 A1
2 1
41
83 1   2020年2月15日~2月18日 長岡 良也 A1
2 1
42
84 2   2020年2月22日~2月25日 山本 寛久 A1
2 1
56
82 2   2020年3月14日~3月17日 片橋 幸貴 A2
2 1
58
91 4   2020年1月31日~2月3日 中村 尊 A1
2 1
59
77 4   2019年12月30日~1月5日 池田 浩二 A1
※集計期間:2019/12/5~2020/3/30
PAGE TOP