レース&予想データ集

ボートピア名古屋開設12周年記念競走

3日目
準優勝戦

16:12

天候------------

波高-----

-----------

---
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
:V-POWER予想:直前記者予想
更新日
2018/8/17
今節はドリーム組がこぞって低調機を引いた。その中でもマシなモーターは明石正之の54と矢後剛の21。前検練習では重野哲之も班では悪くなかったか。鳥居塚孝博・柳生泰二は伸びで弱めだ。そうなると波乱の予感が漂ってくる。実績機はエース7番が太田潮、土屋幸宏・マイケル田代・片山雅雄ら若手に上位機が手渡った。かつてない下剋上が起こるのか?他には佐川正道・橋本年光・浦上拓也らが好気配だった。
7
勝率
2連率
優出
優勝
6.24
50.0%
12
3
エース復権の快速モーター
お盆戦ではあと一歩のところで優勝には届かなかったが、柳沢一がしっかり仕上げてトップクラスの気配にまで持ってきた。基本的には出足型だが、お盆戦の柳沢は伸びもジワッとのぞく気配があった。この7号機は2度乗っている柳沢だが、「今回の方がいい仕上がり。前は出足型だったけど、今回はバランス良く仕上がってます」とさらなるパワー引き出しに成功。こうなればエース機復活と言っても過言ではないはず。さあ、幸運にも今回引き当てたのは地元の若手・太田潮。当然、この7号機の威力は知っているだけに、引いた瞬間はニヤリと笑みがこぼれたに違いない。前節の快速を受け継ぐなら、初Vチャレンジもあるかもしれない。
40
勝率
2連率
優出
優勝
5.79
42.1%
4
1
近況の威力は文句ナシのレベル
夏場に入って安定して出ているモーター。元々は伸び型だったが、G3の時の杉山正樹が出足寄りにシフトさせてきた。優勝戦のみ、1マークでかからず流れてVを逃したが、シリーズ通してトップクラスの気配を見せた。お盆戦でのパートナーは谷川里江だった。序盤こそ歯切れが悪かったが、気配一変は5日目だった。「洗浄しかしてないのに、ホントに良くなった。出足は節イチだし、伸びもいいです」とコメントもガラリと変わった。最終日にはピット離れで飛び出し、2コースまくりで展開を作ると、10万舟にも貢献した。今回はマイケル田代がゲット。とこなめはあまり馴染みがないが、今期に入って勝率はジワリ上昇なら、今節は侮れないかも。
39
勝率
2連率
優出
優勝
5.79
41.8%
3
1
お盆Vとレース足がキラリ
直前の池田浩二がお盆シリーズを圧倒的強さでVを飾った。この節、池田はほとんどペラは触っていない。「回転の上がりが早い」と池田が最も大切にする部分が最初から来ていたからだ。この節はオール2連対と初日から得点トップの座を一度も明け渡すことなく完勝。最後も、「無風だったら楽勝」とまであの池田に言わしめたのだ。正直、ここまで強気なコメントを残した池田は記憶にない。それだけ、このモーターを信頼していたということだ。さあ、今回は伏兵・土屋幸宏がパートナー。ピンかパーかのレースが多く、なかなか成績は安定してこない。それでもここぞという時のまくりは軽視禁物。今節も一発穴をあけるシーンがあるかもしれない。
44
勝率
2連率
優出
優勝
6.26
44.6%
5
2
元祖エース機が復調気配だ
とこなめに詳しいファンならまあ頭の片隅に残っているはずだ。初下ろしの本多宏和が圧倒的な伸びで優勝したモーター、そう言えばピンとくるだろう。そこから冬場は常に快速仕立て。ただ、気温の上昇とともにその威力にも陰りが見えてきた。そんなモーターが近況ジワリと復調ムード。お盆戦では西山昇一はFに散ったが、終わってみればそのレース以外はオール舟券絡み。スリットからジワッとのぞく感じがあったし、西山流のペラ調整で道中も軽快だった。今節は地元の杉江浩明がゲット。この選手は伸びを求めることが多いが、それだけにこの44号機の可能性は大きく広がるのではないか。かつてのような強伸び復活なら、今節は台風の目になるかも。
59
勝率
2連率
優出
優勝
5.46
38.4%
3
1
近況伸びに威力の上昇モーター
気配が変わったのは3節前の山崎毅からだった。序盤のFで戦線離脱となった山崎だったが、その後も外枠から舟券絡み4本と道中でパワー勝ちするシーンが多かった。次の麻生慎介もオール3連対の活躍。ベスト6入りこそ逃したが、スリットからググッとのぞくパワーに本人も納得の表情を見せた。これが3度続けば本物だが、前回のお盆戦でも伏見卓はやはり軽快なスリット足を披露。本人は、「ローからセカンドの上がりにかけてはまだ良くないけど、直線競走だったらいいです」と伸びは上位級との認識だった。今回手にしたのは浦上拓也。A級復帰を目指す地力ある選手だ。前検の行き足もまずまずで、今節は狙い続けても損はないかも。
前節優出モーター
名鉄杯争奪2018納涼お盆レース 8/10()~15()
モーター 2連率 優出 優勝 前節成績(選手名・級別・成績) 備考
39
41.831池田 浩二A1111222211①➊
7
50.0123柳沢 一A1341112115①➋
37
34.120杉山 正樹A1122312121①➌
36
40.370平本 真之A13511落1111②➍
53
28.610秦 英悟A113321353②➎
2
39.040赤岩 善生A1234241231②➏
優勝回数ランキング
順位 優勝 モーター 出走 優出 成績(グレード・期間・選手名・級別)
1 3
7
208 12   2018年3月24日~3月29日 中谷 朋子♥ A1
  2018年3月18日~3月21日 滝沢 芳行 A2
  2018年3月10日~3月15日 太田 和美 A2
2 2
12
190 9   2018年6月30日~7月3日 竹井 奈美♥ A1
  2017年12月30日~1月5日 磯部 誠 A1
2 2
22
180 8   2018年3月24日~3月29日 岡田 憲行 A1
  2017年12月16日~12月19日 金子 拓矢 A1
2 2
27
188 7   2018年7月13日~7月18日 平本 真之 A1
  2018年2月23日~2月26日 山本 隆幸 A1
2 2
28
187 5   2018年7月27日~7月30日 三角 哲男 A1
  2018年4月2日~4月5日 深谷 知博 A1
2 2
34
195 10   2018年7月7日~7月10日 嶋 義信 A2
  2018年1月26日~1月29日 市川 哲也 A1
2 2
44
186 5   2018年1月19日~1月22日 水摩 敦 A1
  2017年12月9日~12月12日 本多 宏和 A1
※集計期間:2017/12/9~2018/8/15
PAGE TOP