レース&予想データ集

第22回日本財団会長杯争奪戦競走

最終日
一般

12:27

天候------------

波高-----

-----------

---
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
:V-POWER予想:直前記者予想
更新日
2019/6/21
今節の主役を負かされた岩瀬裕亮は複勝率27%の低勝率機。しかし、素性の悪いモーターではなく、前検でも水準以上は動いていたか。十分Vを狙えるシリーズだろう。他のドリーム組では谷津幸宏をのぞく選手は合格点の付けられる動きだった。一方、実績機を引いた平野和明・山崎昂介・長谷川充・村上純らは若干強めの気配。それでも突出した選手はいなかった。その他、平岡重典・坪口竜也が侮れない動きだった。
7
勝率
2連率
優出
優勝
6.29
45.8%
4
0
パワフル出足の強力モーター
調整能力に長けた地元の平野和明が実績機を引いた。この7号機は常時出足は上位級の安定したモーター。ただ、パンチ力には欠ける面もあったのは事実だ。それをしっかり引き出したのが名手・濱村芳宏だった。3節前の濱村は強烈出足に加えて、スリットの行き足・伸びも仕上げた。その節では誰もが認めるトップ級のパワーだった。前回は松田隆司が強力足でベスト6入りに成功。未だ優勝歴がない松田は、不惑の40歳にして32回目のVチャレンジに挑んだ。カドからコンマ06のSを決めたが、結果は3コースの福岡の後輩柴田直哉に止められ不発。初Vはまたもお預けとなったが、機力の光ったシリーズだった。
35
勝率
2連率
優出
優勝
5.94
45.0%
2
0
行き足・伸びトップクラスだ
長崎支部の伏兵・山崎昂介が引き当てた。この35号機はかつては完全な伸びタイプ。グイグイ伸びる足がウリだった。しかし、中西裕子の新ペラ交換後は出足型へとシフト。タイプは違えど、強力パワーに陰りはなかった。しかし、2節前の鈴木博はチルト0.5にもチャレンジし、伸びの調整も試みた。すると前回の濱崎直矢は前検から強伸びムード。しかし、そのパワーが逆に裏目に出たのか、初日の1Rでいきなりフライングを切ってしまう。こうなると残りはアウト戦ばかりとなり、正味どこまでの足だったかは分からず仕舞い。それでも最終日は外枠で連勝と結果を出したのなら、強伸びに陰りはなかったはずだ。
45
勝率
2連率
優出
優勝
5.97
44.3%
6
0
かつてのエース機は現状出足型
V候補の一角・村上純が優勝を狙えるモーターを引いた。元祖エース機という位置づけの45号機。水野望美の新ペラ交換から威力落ちしたのは間違いないが、その後もペラ調整が続くにつれて、いいモーターの雰囲気が出てきている。水野以降、服部達哉→黒野元基→渡辺真至→汐崎正則とこの水面と調整を熟知する地元勢が調整しているのも良かったのだろう。確かに以前のパンチのある伸びはないかもしれない。前回の汐崎も展示タイムは平凡だった。ただ、それを十分に補う強力なレースがある。競ればその威力は明白だし、汐崎もSがキッチリ決まっていたので、行き足関係もストレスなく気来ていたのだろう。
57
勝率
2連率
優出
優勝
5.93
42.5%
3
0
近況強力な動きを見せるモーター
A級を堅持する安定勢力の長谷川充が57号機を引き当てた。春先の新ペラ交換後、一気にトップ級のパワーへと変貌を遂げたのがこの57号機だ。それまでは中堅ソコソコの印象だったが、新ペラ交換後は節毎にパワーアップをしていき、66周年の大上卓人は超強力なレース足へと仕上げてきた。ゴールデンウイークの前田篤哉は出足も伸びもハイスペックの万能型節イチへ。切田潤二と泥谷一毅はやや出し切れなかった印象も、前回の松本庸平はペラ調整が当たって再び強力パワーが復活。道中で追い上げるレースが光ったが、出足を中心に上位クラスの一角を形成した。捌きタイプの長谷川には願ってもないモーターになるはずだ。
15
勝率
2連率
優出
優勝
5.81
38.9%
5
1
パワー復活の前回優勝機
亀山高雅が前回優勝モーターを引いた。一時やや低迷していた15号機だが、復活をさせたのはいつも伸び重視の調整の高倉孝太。超が付く伸び仕様で、その節もグイグイ伸びる仕上がりを見せた。それでいて出足も水準以上。良かった頃の15号機よりもさらにパワーアップした感じだ。続く山崎毅は出足型へシフトもこれまたピタリとはまる。さらには田中辰彦もベスト6入りに成功。前回は名手・渡辺浩司がパートナー。シリーズは3回のイン戦を全て押し切り堂々のV。「足は仕上がっていた。万全の状態だったと思う」と優勝後は自信満々のコメント。今回もそのパワーを受け継ぐなら楽しみなモーターだ。
前節優出モーター
マクール杯 6/14()~18()
モーター 2連率 優出 優勝 前節成績(選手名・級別・成績) 備考
15
38.951渡辺 浩司A133312①➊
40
41.930柴田 直哉B122324①➋
8
34.820田中 和也A26121①➌
39
32.520北野 輝季A125613②➍
1
34.130梶原 正B13412②➎
7
45.840松田 隆司B13311②➏
優勝回数ランキング
順位 優勝 モーター 出走 優出 成績(グレード・期間・選手名・級別)
1 2
9
133 3   2019年4月25日~4月29日 須藤 博倫 A1
  2019年3月28日~3月31日 烏野 賢太 A1
1 2
18
132 2   2019年6月7日~6月10日 石川 真二 A1
  2019年4月6日~4月11日 池田 浩二 A1
1 2
36
128 4   2018年12月31日~1月6日 平本 真之 A1
  2018年12月7日~12月11日 林 美憲 A1
1 2
42
130 4   2019年2月16日~2月19日 東本 勝利 A2
  2019年1月31日~2月5日 池田 浩二 A1
1 2
52
139 5   2019年5月1日~5月6日 池田 浩二 A1
  2019年1月18日~1月21日 芝田 浩治 A1
1 2
55
147 4   2019年4月17日~4月22日 松本 晶恵♥ A1
  2018年12月21日~12月25日 稗田 聖也 B1
1 2
56
139 3   2019年3月21日~3月24日 金田 諭 A1
  2019年3月13日~3月18日 上條 暢嵩 A1
1 2
58
133 6   2019年2月22日~2月25日 樋口 亮 A1
  2019年2月9日~2月12日 新田 雄史 A1
※集計期間:2018/12/7~2019/6/18
PAGE TOP