レース&予想データ集

中京スポーツ杯争奪第51回全日本ファイターキング決定戦

2日目
予選

11:05

天候------------

波高-----

-----------

---
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
  • 予想
    展示
    オッズ
:V-POWER予想:直前記者予想
更新日
2022/6/24
前検一番時計をマークしたのはドリームメンバー中辻崇人。しかし、「全然良くなかった。前検は参考外」と厳しいジャッジ。ならばエース8号機に期待と、岩崎正哉に話しを聞くも、「いいモーターっていう感じは全くなかった。とにかく回ってない。常滑ってこんなに回らなかったっけ?」と言う始末。何やら波乱を感じさせるシリーズか。そんな中で好気配を口にしたのが地元の伊藤誠二と橋口真樹。共に行き足・伸びに好感触だ。
8
勝率
2連率
優出
優勝
6.96
56.2%
7
2
常滑エース機も近況やや下降か
実力者の岩崎正哉が8号機を引き当てた。前節は不発に終わった常滑エース8号機だが、展示タイムは出ていたし、動き自体も上位に映った。東口晃は連勝式ナシだったが、そこまで心配する必要はないだろう。ただ、このモーターが本当にすごかった時と比べたら、幾分、威力は落ちているかもしれない。以前は、他のモーターの追随を許さない異次元の伸び足だったが、現状はジワッとのぞいていく程度か。それでも能力は最高レベルなのは間違いないし、調整の上手い選手が乗ればすぐに極上の足に仕上がるはず。仕上がれば行き足・伸びは別格になるだけに、常に注目しておきたいモーターだ。
9
勝率
2連率
優出
優勝
5.60
40.6%
1
0
行き足中心に常時上位クラスだ
9号機を引いたのは地元エース格の伊藤誠二。これまでずっと上位級の動きを見せていた9号機だが、なかなか結果には結びつかない。しかし、前節の藤田靖弘がようやく、9号機の初優出へこぎ着けた。その藤田は前検もらった時から最後までノーハンマー。「乗り心地だけ違うけど、出足や回った後の立ち上がりがすごくいい。このモーターに僕が乗り方を合わせる」と9号機を全面信頼だった。「久々に常滑で活躍できた」と藤田は納得の足色で優勝戦へと臨む。優勝戦こそスロー3艇がゼロ台のスタートを決めたため見せ場はなかったが、それでこのモーターの評価が下がる訳でもない。行き足を中心に上位級の一機と見たい。
26
勝率
2連率
優出
優勝
5.59
39.2%
6
2
出足を中心に水準以上に動く
地元の上田健太が26号機をゲット。初おろしからいい動きを見せ、能力を感じさせるモーター。しかし、期待ばかりが先行し、近況は上位クラスの一角までのモーターとなっている。前々回の秋山直之は水準以上の動きでシリーズをリード。「普通。出ていくことはない」が予選道中の秋山のコメント。しかし、3日目は、「出てない」と格下げのコメント。その3日目は前半が伸び上位の向達哉の逃げ切りを許し、準優勝戦は鈴木峻佑に迫られるシーンがあった。そのふたりとの比較からか、一気にトーンダウンしたが、そのふたりの動きは当然、上位ランク。決して悲観する動きではなかった。前回の福田宗平は堂々の優出。「出足寄りでいい」と言っていた。
47
勝率
2連率
優出
優勝
5.31
35.6%
3
0
レース足キラリと光るモーター
47号機はドリームメンバーの中辻崇人の手に渡った。近況、なかなかの気配を見せる47号機。トップ級とまではいかないが、上位クラスの一角を形成している。前回は122期の新鋭・田頭虎親が乗ったが、これまた気配がキラリと光ったシリーズだった。師匠・重成一人譲りのレースセンスも目を引いたが、行き足や道中の舟足もなかなかのもの。「出ていくことはないけど、レース足がいいです」と田頭のモーターには好感触。このレース足があったからこそ、田頭の乗りっぷりが生かされたのかもしれない。乗り手で動きがそう変わるモーターではなく、誰が乗っても水準以上に動くモーターと見たい。
1
勝率
2連率
優出
優勝
4.99
31.6%
1
1
前回気配一変でV奪取
前回優勝モーター1号機を引いたのは松下哲也。これまでは劣勢気味だった1号機。前節の村田修次も、「伸びが弱い」ともらった状態ではかなり厳しい足色だった。しかし、名手・村田の手にかかれば凡モーターも一変が可能。「ピストン交換で雰囲気が良くなった。出足・行き足・回り足がいいし、伸びも普通ぐらいになった」と機歴を思えば見違える足へと変貌。迎えた優勝戦はイン木下翔太のターンミスはあったものの、鮮やか過ぎる2コース差しでVを射止めた。あのレースを見れば乗り心地や操縦性の良さは誰にも分かるはず。もう、1号機は劣勢モーターではないはずだ。
前節優出モーター
デイリースポーツ杯 6/18()~21()
モーター 2連率 優出 優勝 前節成績(選手名・級別・成績) 備考
1
31.611村田 修次A125112①➊
56
41.660木下 翔太A151211①➋
26
39.262福田 宗平B11133①➌
33
39.120鈴木 博A142144②➍
46
40.161後藤 正宗A212252②➎
9
40.610藤田 靖弘A213251②➏
優勝回数ランキング
順位 優勝 モーター 出走 優出 成績(グレード・期間・選手名・級別)
1 3
32
144 6   2022年6月2日~6月7日 山口 剛 A1
  2022年2月3日~2月7日 森作 雄大 B1
  2022年1月28日~1月31日 木下 大將 A2
2 2
8
137 7   2022年4月29日~5月4日 桐本 康臣 A1
  2022年2月11日~2月16日 磯部 誠 A1
2 2
13
147 4   2022年4月15日~4月19日 仲谷 颯仁 A1
  2022年2月26日~3月1日 本多 宏和 A1
2 2
26
140 6   2022年5月13日~5月16日 原田 秀弥 A2
  2021年12月9日~12月14日 吉田 裕平 A2
2 2
34
133 6   2022年3月25日~3月30日 土屋 智則 A1
  2022年2月20日~2月23日 福島 勇樹 A1
2 2
65
135 4   2022年5月19日~5月22日 金子 萌 A1
  2022年1月21日~1月25日 池田 浩二 A1
※集計期間:2021/12/9~2022/6/21
PAGE TOP