レース展望&出場予定選手

RACE INDEX
第29回4Kソリューションカップ
12/2(木)~6(月)
ルーキーシリーズ第23戦スカパー!・第23回JLC杯争奪戦
12/9(木)~14(火)
創業100年印刷の誠進社杯
12/18()~21(火)
ミニボートピア栄開設6周年記念競走
12/24(金)~27(月)
中日スポーツ杯争奪2022新春特別競走
12/30(木)~1/4(火)
レース展望
出場予定選手
一般
第29回4Kソリューションカップ
12/2 3 4 5 6
10:00
主役不在の戦国シリーズ!
 季節は秋から冬へ。師走第1弾は2日から始まる「第29回4Kソリューションカップ」。そのメンバーだが、飛び抜けた選手が不在、おまけに女子の実力者も参戦していて、戦国シリーズの様相を呈している。一応、中心には佐々木康幸(静岡)を指名。今年7月の当地前回戦では平凡機に苦戦し、悔しい結果に終わったが、G1初V(2002年東海地区選)を飾るなど水面相性は悪くない。さらに10月のG2津モーターボート大賞ファイナルでは見せ場たっぷり(結果は3着)の走りで改めてファンに存在感をアピール。間違いなくリズムは上向きで、当地前走のリベンジは十分。
 G1で4Vを誇る平田忠則(福岡)も有力なV候補。近況、大舞台での活躍は聞かれないが、キレある攻めに衰えは感じられない。その証が今年8月の当地前回戦の準優勝戦。5コースからシャープなまくり差しで2着を死守。佐々木は10月芦屋、平田も10月宮島で今年初Vを飾るなどリズムは右肩上がりで大いに期待できる。
 他にも服部幸男(静岡)岡祐臣(三重)のA1級に加え、来期にA1級へ復帰する川原正明(福井)も侮れない存在。
 地元では大ベテランの西山昇一(愛知)丹下将(愛知)のA1級コンビに期待が集まる。
 女子では海野ゆかり(広島)川野芽唯(福岡)のG1タイトルホルダーコンビに大注目したい。
  • 平田 忠則
    3898 / 福岡 / A1
  • 佐々木 康幸
    3909 / 静岡 / A1
  • 海野 ゆかり
    3618 / 広島 / A1
  • 西山 昇一
    3022 / 愛知 / A1
ピックアップレーサー
ボートレース界のタカラジェンヌが参戦!
 お世辞でも何でもない。デビュー当時からずっと海野ゆかりを見てきたが、容姿はほとんど変わっていない。長身で手足が長く、きりりとした顔、そしてデビュー当時から一貫してショートヘアーを貫き、ボートレース界のタカラジェンヌという異名がぴったり。海野のバースデーは1973年11月28日で、このシリーズが開幕する時には48歳というからその容姿には驚きだ。
 2020年前期、後期はフライングの影響もあり、A2級に低迷していた海野だが、再び定位置のA1級をしっかりキープしている。特に2022年前期適用勝率では6.85を叩き出し、今節メンバーの中では断トツで、来年中には通算2000勝(現時点で通算1899勝、59V)を達成しそうなムード。容姿とともにレースのキレ味にも全く衰えを感じさせない。
 当地は2019年6月以来、約2年半ぶりの登場となるが、心配は無用だろう。2017年5月のG3オールレディースでは5コースからコンマ01のトップスタートを決め、まくり差しでのV実績があり、もう少しさかのぼれば2017年6月にはG2モーターボート大賞での優出もある相性のいい水面。ボートレース界のタカラジェンヌが再び華麗な走りでVゴールを駆け抜けるシーンが目に浮かぶ。
  • 海野 ゆかり
    3618 / 広島 / A1
2019/6/1~ 一般
66131④35
2018/4/10~ G2
66262656
2017/10/18~ G3
332261123②➊

※データは11/1現在のものです。

PAGE TOP